teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「進学すべきか」悩める天才少年・藤井四段、母は「進学してほしいけど本人は…」

 投稿者:tadpole  投稿日:2017年 9月11日(月)08時33分1秒
  【今週の注目記事】「進学すべきか」悩める天才少年・藤井四段、母は「進学してほしいけど本人は…」、中学生デビューした先人4棋士の進路は?

2017年9月10日 18時7分 産経新聞
藤井聡太四段
写真拡大 (全3枚)
 62年ぶりに将棋のプロ最年少記録、30年ぶりに最多連勝記録をそれぞれ塗り替えた藤井聡太四段(15)。

 8月の棋王戦本戦で敗れ、中学生でのタイトル挑戦、獲得の可能性はなくなったものの、屋敷伸之九段(45)が保持する18歳6カ月のタイトル獲得最年少記録の更新に期待がかかる。中高一貫校の名古屋大学教育学部付属中学3年に通うが、このまま高校に進学すべきかどうか、迷っている。藤井四段以前の中学生棋士は4人。加藤一二三九段(77)、谷川浩司九段(55)、羽生善治二冠(46)、渡辺明竜王(33)は、いずれも将棋界を代表する第一人者となった。中学卒業後の進路はどうだったのか。先人達の軌跡をたどった。

“ひふみん”は早稲田中退

 中学生でプロ棋士になった先人たちは、みな進学している。

 引退してもなお“ひふみん”の愛称で親しまれ、テレビなどでも活躍中の加藤九段は、14歳7カ月でプロ入り。藤井四段が昨年、14歳2カ月でプロになるまで、62年にわたって最年少記録を保持してきた。28歳で当時存在したタイトル「十段」を獲得。その後、名人、棋王、王将など5つのタイトルを獲得した。

 京都府立木津高校から早稲田大第二文学部にまで進学し、後に中退した。大学進学は周囲から「広い視野を持つべきだ」と勧められたという。クラシック音楽への造詣が深いことで知られるほか、敬虔なキリスト教徒でもある。1986(昭和61)年、当時のローマ教皇から「聖シルベストロ騎士団勲章」を受章している。

谷川九段はトラファン

 加藤九段に次ぐ2人目の中学生プロ棋士となった谷川九段は、終盤の詰みを見逃さず一気に押し切る「光速の寄せ」が有名だ。21歳で名人位を獲得し、当時の七大タイトルをすべて獲得した経験を持つ。

 神戸市の私立滝川中学校から、私立滝川高校へ進学した(現在は中高一貫校)。当初は、対局で出席に響くと学校に迷惑をかけるため、高校進学はやめる決心だったというが、父親に進学を勧められたという。神戸で生まれ育った影響からか、プロ野球・阪神タイガースのファン。プロ野球選手との交流も深い。

羽生二冠はチェスの日本チャンプ

 棋聖、王座を保持する羽生二冠は、19歳で竜王を獲得。さらに、25歳ですべてのタイトルを同時に独占する前人未到の七冠を達成した。8月の王位戦七番勝負で王位を失ったが、タイトルは通算98期という歴代1位の記録で、100期の大記録を目前にしている。

 羽生二冠は東京都立富士森高校に進学したものの、学業と棋士の両立が困難を極め、都立上野高校の通信制に転入し卒業した。将棋以外でもチェス日本チャンピオンの実力を持ち、チェスで海外の愛好家らとも交流している。

 棋王位も保持する渡辺竜王は20歳で竜王位を獲得している。竜王位は通算で11期だ。ほかに棋聖、王将、王座を獲得したことがある。私立聖学院中・高校を卒業している。渡辺竜王は競馬ファンとしても有名で、オフは競馬場にもよく足を運ぶという。

「その話題」には触れたくない?

 高校進学について、藤井四段は今夏、産経新聞のインタビューに「本当にまだ決まっていないんです」と述べた。「高校に行くとなると時間的な制約があるので、そこがどうか…」。対局ではいつも「勝負師」の表情で臨む藤井四段だが、中学生らしい迷いの表情を見せたのが印象的だった。

 そんな藤井四段の心中について、母、裕子さん(47)は「口には出しませんが…」と言ってこう推し量る。

 「月曜日の朝は『シッキー(「憂鬱」の意味か)だ』と言って学校に行くのを億劫がります。まあ、生来、まじめな子なので、きちんと学校にはいきますし、そこそこの成績もあげますが、進学せずに好きな将棋だけを思い切りやりたいんだと思います」

 ただ親としては、「せめて高校ぐらいは出てほしい」と望むのが人情。「親がそう思っていることを知っているから、空気を読んで『高校に行く』とも『行かない』とも言いません。私たち親も、最終的には聡太が決めることだと思っているので言わないようにしています。お互いが進学の話題には触れないようにしているという状態ですね」

 進学という“難局”が間近に迫ってはいるが、藤井四段の棋士人生はまだ始まったばかり。大局観をもって納得のいく道を選んでほしい。(9月7日掲載)

産経新聞
外部サイト
 
 

モンゴルから留学生

 投稿者:tadpole  投稿日:2017年 7月 6日(木)20時25分30秒
  モンゴルから留学生が来ているそうです

http://http://highschl.educa.nagoya-u.ac.jp/2017/07/06/%e6%96%b0%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%83%ab%e9%ab%98%e6%a0%a1%e6%95%99%e5%93%a1%e3%81%8c%e7%a0%94%e4%bf%ae%e3%81%ab%e6%9d%a5%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%99%e3%80%82/

 

訃報 日時の訂正六月です。

 投稿者:三ツ口勝弥  投稿日:2017年 6月20日(火)21時02分9秒
  訂正です。
通夜、葬儀の日時を間違えました。
6月の22・23日の間違いでした。
ご訂正ください。
 

訃報: 安藤俊明君

 投稿者:三ツ口勝弥  投稿日:2017年 6月20日(火)20時11分44秒
  会友、安藤俊明君が、本日ご逝去されました。
昨年末から体調を崩し自宅で加療中でした。
心よりご冥福を祈ります。

通夜及び葬儀は日程は下記の通りです。
通夜: 7月22日 木曜日  午後7時
葬儀: 同  23日 金曜日  午前10時
喪主: 安藤太一様 (御子息)
場所: 吹上 愛昇殿  名古屋市千種区千種通 6-23-1 052-734-0004



 

オオバギボウシ

 投稿者:tadpole  投稿日:2017年 6月 7日(水)12時19分36秒
  今年のギボウシは、元気です  

同窓会

 投稿者:静御前  投稿日:2017年 5月28日(日)22時48分45秒
  お写真名簿ありがとうございます。参加を楽しみにしていましたが日程調整がうまくゆかず参加できずとても残念。でもお写真から皆様の和やかな雰囲気が察しられてとてもうらやましく思いまます。こんな機会に伺えないと、もう附属のお仲間にお会いできる機会はそうないのだと何時になくさびしいです。菅原さん親子さんお誘いありがとうございました。みつくちさんはじめお世話いただいたみなさまのお気持ちに感謝です。  

藤井聡太18連勝中

 投稿者:tadpole  投稿日:2017年 5月25日(木)14時28分59秒
  水谷貞彦さんから送っていただきました。21日の産経新聞
今日(5月25日)は、十九戦目をかけて対戦中
こんなに対戦が続くと高校まで行ってくれるのか、心配。

http://www.iris-aichi.com/

 

H29年同窓会写真 16

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)18時11分59秒
  最後です。 お疲れ様でした。
問い合わせは「その??の何番目(1,2,3)でお知らせください。
写真の番号のファイルNo.が表示されないようですので。
 

H29年同窓会写真 15

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)18時06分27秒
  その15  

H29年同窓会写真 14

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)18時03分54秒
  その14  

H29年同窓会写真 13

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)18時02分9秒
  その13  

H29年同窓会写真 12

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)17時59分55秒
  その12  半分を過ぎました、もう暫くお付き合い下さい。  

H29年同窓会写真 11

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)17時56分46秒
  その11  

H29年同窓会写真 10

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)17時54分18秒
  その10  

H29年同窓会写真 9

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)17時52分4秒
  その9  

H29年同窓会写真 8

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)17時50分31秒
  その8  

H29年同窓会写真 7

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)17時49分5秒
  その7 ここに何か言葉を入れないと送信されないようです。  

H29年同窓会写真 6

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)17時46分15秒
  その6  

H29年同窓会写真 5

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)17時44分2秒
  その5 オリジナル画素数希望の方は井上さん、または加藤まで写真の番号を
メールでお知らせください。
 

H29年同窓会写真 4

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)17時40分7秒
  その4   

H29年同窓会写真 3

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)17時38分15秒
  その3  

H29年同窓会写真 2

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)17時36分51秒
  その2  

H29年同窓会写真 1

 投稿者:加藤邦彦  投稿日:2017年 5月13日(土)17時31分43秒
  5月12日に開かれました同窓会の写真を添付します。
なお、ファイルサイズは30%に縮小しております。
オリジナルが必要な方は井上忠佳さん、又は加藤まで
写真の番号お知らせください。
 

シャクナゲ

 投稿者:tadpole  投稿日:2017年 5月13日(土)11時34分32秒
編集済
  紫陽花までは、シャクナゲ  

2017年5月12日芳野会会計報告

 投稿者:井上忠佳  投稿日:2017年 5月13日(土)11時30分4秒
  2017年5月12日芳野会収支報告書

収入
前期繰越24,646
会費8,000×28=224,000
        7,000×7=49,000
雑収入6,867
合計   304,543

支出
通信費12,060(切手、ハガキ)
宛名ラベル3,000
名簿印刷940
アイリス支払い257,549
茶菓代1,799
合計275,348
繰越29,165
会計  谷口良子
 

藤井聡太 羽生破る

 投稿者:tadpole  投稿日:2017年 4月24日(月)09時20分37秒
   インターネットテレビ局の「AbemaTV」で23日に放送された将棋の非公式戦の対局で、史上最年少棋士の藤井聡太四段(14)が羽生善治三冠(46)に勝利した。

 対局後、藤井四段は「読みにない手を羽生先生に指されて、対局中は焦りました。何とか勝ちましたが、勝負術が勉強になりました」と話した。

 同TVは、藤井四段と佐藤康光九段(47)、深浦康市九段(45)らトップ棋士が七番勝負で対局する特別企画を実施していて、最終戦が羽生三冠戦だった。藤井四段は、若手実力者の永瀬拓矢六段(24)に敗れたものの、7局戦って6勝1敗だった。

 藤井四段は昨年12月のデビュー戦以降、公式戦13連勝中だ。
 

藤井聡太

 投稿者:tadpole  投稿日:2017年 4月24日(月)09時09分29秒
  藤井聡太
藤井聡太 四段
名前 藤井聡太
生年月日 2002年7月19日(14歳)
プロ入り年月日 2016年10月1日(14歳)
棋士番号 307
出身地 愛知県瀬戸市
師匠 杉本昌隆
段位 四段
戦績
2017年4月13日現在
この表について
藤井 聡太(ふじい そうた、2002年7月19日 - )は、将棋棋士。杉本昌隆門下。棋士番号は307[1]。2016年9月現在、名古屋大学教育学部附属中学校在学[1]。

目次
概要 編集

21世紀生まれで初となる将棋のプロ棋士である[1]。

5歳のときに祖母から将棋を教わる[1]。2010年3月に「アマ初段」で東海研修会に入会[2]。2011年に第10回全国小学生倉敷王将戦・低学年の部で優勝[3]。同年10月にJT将棋日本シリーズ東海大会の低学年の部で優勝[4]。2012年6月に研修会B1に昇級し新進棋士奨励会入会試験の一次試験免除の資格を得て、同年9月に奨励会に6級で入会[1]。

奨励会入会以前から詰将棋の強さに定評があり、プロ棋士や奨励会員、詰将棋作家が多数参加する詰将棋解答選手権のチャンピオン戦には2011年の第8回大会に小学2年で初参加し参加24人中13位[5]と健闘した。2015年の第12回大会で同選手権史上初の「小学生による優勝」を達成し[1]、以後2017年の第14回大会まで3連覇。詰将棋作家としても、2012年に投稿時9歳で将棋世界詰将棋サロンの年間優秀作の谷川賞を受賞している[6]。

2016年9月3日、日本将棋連盟の第59回奨励会三段リーグで13勝5敗の1位となり[7]、10月1日付、14歳2か月でプロ棋士(四段)となる資格を得た[1][8]。中学生でプロ入りを果たしたのは加藤一二三・谷川浩司・羽生善治・渡辺明に続く5人目で[1][8]、14歳2か月という年齢は加藤一二三の14歳7か月を62年ぶりに更新する最年少記録[1][8]。また、初参加の三段リーグで昇段したのは、全員が初参加の第1回リーグを除くと、小倉久史・屋敷伸之・川上猛・松尾歩・三枚堂達也に次ぐ史上6人目(うち、1位での昇段は小倉、川上、松尾、藤井の4名)。

プロとしてのデビュー戦は、2016年12月24日に行われた第30期竜王戦6組ランキング戦の初戦、加藤一二三との対局。両棋士の年齢差は62歳6か月であり、記録に残っているプロ棋士の公式戦では最多年齢差の対局となった。この対局を110手で制しプロデビュー戦を勝利で飾り、公式戦出場と公式戦勝利の史上最年少記録を更新した。

2016年度はその後も勝ち続け、最終的に公式戦を10戦全勝。プロ入り初年度を全勝したケースは清野静男(1949年度・9勝0敗)以来、67年振り。2017年4月4日、王将戦1次予選で小林裕士に勝ち、プロデビュー以来の11連勝の新記録を達成した[9]。4月17日には第67回(2017年度)NHK杯将棋トーナメント1回戦で千田翔太に勝ち、同記録を更新した。

棋風 編集

得意戦法は角換わり[1]。
終盤で力を発揮する棋士で、相手の攻めを余して勝つ対局が多い[10]。
将棋に熱中すると極端な前屈姿勢になり、上部カメラで自陣が見えないくらい頭を盤面に近づける事がある[11]。
人物 編集

母曰く「生活能力が低い」らしく、中学に入学したばかりの頃、大阪(関西将棋会館)に一人で泊まりがけで行かせたところ「服と傘を全部(将棋会館に)忘れて帰ってきた」という[2]。
学校の授業で好きな科目は「算数と体育」[2]。体育では球技が苦手で陸上競技系が得意[2]。
ラーメンが大好物[12]。「味噌煮込みうどん[注釈 1]」も対局前によく食べるとの事[13]。
昇段履歴 編集

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

2012年9月 6級 = 奨励会入会
2012年11月 5級
2013年5月 4級
2013年6月 3級
2013年9月 2級
2014年4月 1級
2014年6月 初段
2015年2月 二段
2015年10月 三段
2016年度前期(第59回)より三段リーグ参加
2016年10月1日 四段(第59回奨励会三段リーグ優勝) = プロ入り
在籍クラス 編集
 

ヒュウガミズキ

 投稿者:tadpole  投稿日:2017年 3月22日(水)23時30分22秒
  ヒュウガミズキが咲き始めました  

訂正

 投稿者:tadpole  投稿日:2017年 2月28日(火)14時22分3秒
  下記の芳野会開催  曜日が土曜日になっていますが、金曜日の間違いです。
Every day  Sunday となって、曜日に無頓着になっているかもしれません。
でも、週末は場所によっては混雑したり、価格が高かったりすることもあるので要注意ですね。
 

芳野会開催

 投稿者:tadpole  投稿日:2017年 2月27日(月)23時30分26秒
  久しぶりに芳野会を開催開催します。
詳しくは、3月になってからお手紙でご連絡します。
日時:2017年5月12日(土)お昼から
場所:アイリス愛知(URL参照)

http://www.iris-aichi.com/

 

レンタル掲示板
/80